揃えておくべき物は事前に調る

撮影前の確認事項

カメラマン

アクセス方法

お腹の大きな妊婦さんは、歩く距離が長くなってしまうとお腹にも負担がかかってしまうため事前にアクセス方法の確認をしておくことが大切です。駅から少し離れている場所なら、その間の移動をタクシーにしてみたり、自宅からスタジオまで自家用車で来たりと工夫することが大切です。しかし、スタジオには駐車場が無い場合もあるため事前にスタジオに確認しておいた方が良いでしょう。

妊婦さんの服装

マタニティフォトの撮影当日は、着替えやすい格好でスタジオに行くようにしましょう。スタジオでは、事前に幾つかの衣装が用意されているため、その中から選ぶことができます。しかし、自分で衣装を持って行くこともできるため持って行く場合は事前に伝えておくようにしましょう。ヘアセットやメイクなどは、プロのスタッフが担当してくれるため、なるべくスッピン状態で行くようにしてください。

家族の衣装

マタニティフォト専門に扱っているスタジオでは、妊婦さんの衣装は用意されていますが家族の衣装は用意されていない場合があります。そのため、家族も一緒に写真を撮るときは衣装があるか事前に確認し、無い場合は自宅で着替えてから行くようにしてください。

子供連れの場合

小さな子供も一緒に撮影に参加する場合は、子供の好きなオモチャなどを持参するようにしましょう。マタニティフォトの着替えやメイクなどで時間がかかってしまうため、飽きないように対策しておくと安心です。

支払い方法

マタニティフォトスタジオによって異なりますが、クレジットカードが使えない場合もあります。使えたとしても、手持ちのカードが必ず使えるとは限らないためカード払いをする予定の人は確認しておくようにしましょう。

広告募集中